• 音楽 + ストーリー = OTORY – オトリー
Scroll down

Makoto Usui

海を愛しクジラに愛された和製ジャック・マイヨール(映画『グラン・ブルー』より)

薄井 誠 / まっ工房

「鯨類の専門家」である薄井さん。一体どんな職業なのだろう?
仕事場である「まっ工房」には、色々な海洋生物の骨、とりわけクジラのあらゆる部位の骨が所狭しと保管されていた。海への憧れとロマンをつめこんだ、大人の秘密基地だ。
まっ工房というこの空間も、少し不器用な生き方も、専門家としてのクジラの話も、とても人間味が溢れていて、薄井さんの生き様を感じられる。
日々様々な生き物と向き合い、暗黙の会話をする。そしてそれぞれが生きていた頃の姿や動きを導き出し、本来の形を再現してあげること。それが彼の仕事だった。尽きることのない探究心と憧れが、薄井さんを突き動かしていた。
子供の頃に大好きだったもの。それを何年も何十年も変わらずとことん追求し続けた人が、研究者や専門家になるのかもしれない。
薄井さんの生き様に触れて、「好き」をとことん追い求めることの尊さを学んだ。

BGMにどうぞ

「街の音、富士の色」
by パラノア - paranoa
iTunes LINE MUSIC Spotify

人となり一問一答

名前を教えてください

薄井 誠(うすい まこと)

やっていること(お仕事)

鯨類の骨格標本作成

それがメインですが、他にも色々。
(取材時、サンアイ工業さんのりさんと共に国立科学博物館の企画展
「大哺乳類展2 みんなの生き残り作戦」に展示されるマッコウクジラの骨格標本を手掛けていた)

やりがいは何ですか?

常に新しい発見があること

尽きないですね、うん。

この街の魅力は?

人材が宝

ずっと東京にいて地元に魅力を感じていなかったんだけど、
今回仕事を通じてサンアイ工業さんのりちゃんと出会えてこれは最強だなと。
切羽詰まってくると、陽平さん(サンアイ工業)が「楽しいねー」っていうんだよね。そういうところがまた良いんですよ。

この街の好きな場所は?

ここ(まっ工房)

富士山も見えるし、守護神として水の神様と火の神様が見守ってくれている気がする。
倉庫なんですけど、落ち着く空間ですね。

世界中の人に声が届くとしたら、何を伝えたい?

本当に正しいことを発信していきたい

世界的な指標になることを意識していますね。

無人島に何か1つだけ持っていくとしたら?

理由?そうねー、水があれば20日間くらいは生きられますからね。

今までした中で一番クレイジーなことは?

毎回クレイジー

仕事は毎回クレイジーですね。

人に魅力を感じるのはどんな時?

その人のオーラ

感覚的にそういうものを感じる気がしていて、合う人だと連鎖が楽しいですね。

わたしのヒーロー

山田 格(国立科学博物館動物研究部脊椎動物研究グループ長)

科博(国立科学博物館)自体が自分にとってのパワースポットで、
そこにいる人達もパワーがあって良い影響を受けていますね。
その中でも僕にとってのメンターは山田先生かなぁ。

あなたの夢

海の見えるところで暮らしたい

海は怖いけれど、やっぱり海が好きです。 この辺って奥駿河湾なのですが、なんとなく地平線が丸いんですよ。
それがすごく好きでね。死ぬなら海で死にたいなっていうのはあります(笑)。
『グラン・ブルー』(1988年に公開されたフランスとイタリアの合作映画。)がすごく好きで。
映画の最後には主人公がイルカの世界に行っちゃうんだけど、それが私の理想ですね。

わたしの必殺技

やる時はやる

わたしのバイブル

『青のフェルマータ』村山由佳 著

静かな海やどこまでも続く水平線、夜沿岸にイルカが泳いできて…。 そんな情景が自分のルーツになっていると思う。

わたしは大体ここにいます

まっ工房
住所 : 静岡県富士市松岡1816−1
Tel : 080-1211-7718
Web : http://makkobo.com/