• 音楽 + ストーリー = OTORY – オトリー

街の人となり GUIDE BOOK - 静岡・吉原編 | OTORY

「街の人となりGUIDE BOOK」とは?

景色や食べ物、街の魅力は色々あるけれど、やっぱり一番はその街の空気をつくる「人」だと思う。
私たち夫婦「パラノア - paranoa」が街の居酒屋やカフェで出会った、魅力的な人々。
その仕事や生き様、価値観は十人十色だ。
それに触れた私たちは、少し考え方が変わったり生き方が楽になったり、それくらいの影響をうけた。
人の生き様に触れると、凝り固まっていた自分の価値観がなめらかになる気がする。
この街へ宛てた「パラノア - paranoa」の書き下ろし楽曲をBGMに、カジュアルな一問一答に凝縮されたカラフルな人となりを1つ1つひらいてみて欲しい。
きっと、街を歩いて次々と知り合いになっていくかのように、街とそこに暮らす人々のやわらかな空気感を感じられると思う。

この街に宛てた楽曲

「街の音、富士の色」by パラノア - paranoa

各種サービスにて楽曲配信中

ストリーミングやダウンロードにて視聴できます。
各種サービス内で「パラノア」と検索してください。

iTunes LINE MUSIC Spotify

静岡県富士市吉原について

街のどこからでも富士山が望めるこの街は、静岡の海沿いにある富士市に位置する。
かつては吉原宿(よしわらじゅく)とも呼ばれ、江戸時代に整備された東海道五十三次(とうかいどうごじゅうさんつぎ)の14番目の宿場街として栄えたという。
歴史を感じさせる建物が立ち並ぶ吉原商店街は、約60軒もの店舗で構成された巨大な商店街だ。
一年を通して様々なお祭りやイベントが開催されるが、その中でも「吉原祇園祭」は江戸時代からつづく歴史あるお祭りで、
各町内が飾り立てた21台の山車や各神社の神輿が練り歩き、商店街には200軒を超える露店が立ち並ぶ。
県内外からたくさんの観光客が訪れ、20万人もの人で盛大に賑わう吉原屈指のお祭りだ。
ここに暮らす人々は、子どもの頃からお祭りの太鼓を叩く練習をするため、そのリズムが体に刻み込まれているという。
商店街でお店を営むおじさんが、実は太鼓の名手だったりする、そんな街なのだ。
そんな祭りのDNAが脈々と受け継がれてきた街だからか、豪快であり繊細、軽快だけれど熱い、そんな面白い人々が集まっているように思う。