[Dear日用品 〜日陰の立役者たちへ〜]歯ブラシ

「Dear日用品 〜日陰の立役者たちへ〜」とは?

そこにあるのが当たり前過ぎて、日陰の存在と成り果ててしまった日用品。

それでも居なくなると、私たちの生活は回らなくなってしまう。

彼らは正真正銘、陰の立役者なのだ。

日頃なかなか伝えられない感謝を込めて、そんな日用品たちが主役の広告を作ってみた。

セルフ広告解説

今回の主役は「歯ブラシ」。

「かため」「ふつう」「やわらかめ」。

あなたはどれをチョイスしますか。

でもふと、疑問に思う。

「ふつう」って、どこの・誰の・何を基準にした「ふつう」なのだろう。

誰かの「ふつう」は、私やあなたの「ふつう」ではない。

この世の中で、平気な顔して「ふつう」を唱える全てへ向けた、アンチテーゼ広告です。

(ご多分に洩れず、9割9部おふざけです。)

関連する記事